2012年03月11日

Nikon デジタル一眼レフカメラ D800EのCMOS センサーの能力は

Nikon デジタル一眼レフカメラ D800E

Nikon デジタル一眼レフカメラ D800E



Nikon デジタル一眼レフカメラ D800Eは、
高解像度・高画質、広い撮像感度域、高速画像処理です。

ポイントは、【新開発ニコンFX フォーマットCMOS センサー】

有効画素数は世界最高の36.3 メガピクセル。

新開発のニコンFXフォーマットCMOS センサー(35.9×24.0 mm)が、
NIKKORレンズのシャープな描写力とあいまって、
中判デジタル一眼レフカメラや中判デジタルバックに匹敵するほどの解像感をもたらし、
200 dpiでA1 サイズ(594 × 841mm)までの引き伸ばしや、
トリミングすることを前提とした撮影もできます。

また、14 ビットA/D 変換と高いS/N 比により、ノイズが少なく、
豊かな階調表現を実現。さらに動画についても、
36.3 メガピクセルがもたらす豊富な情報量を最適に処理し、
解像感と鮮鋭感の高いフルHD 映像を実現しています。


Nikon デジタル一眼レフカメラ D800Eの詳細は、
こちら↓

ラベル:d800e nikon ニコン
posted by d800 at 22:00| Nikon D800EのCMOS センサー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。